INFORMATION

環境をアートの色で変えていく展
会期: 2018年1月16日(火)~1月21日(日)
会場: 金沢21世紀美術館「市民ギャラリーA」(石川県)
運営: 株式会社 クオリアート
後援: WWFジャパン、北國新聞社、テレビ金沢
環境をアートの色で変えていく展
“まちに開かれた公園のような美術館” 金沢21世紀美術館
アートから地球環境へアプローチする取り組みとして、石川県金沢市を代表する文化施設「金沢21世紀美術館」で開催された本展。白を基調とした現代的な展示室には日本画、洋画、彫塑、陶工芸、写真、書道など多岐に渡るジャンルの作品175点が一堂に会したほか、全出展アーティストの作品をあしらったエコバッグを壁一面に展示、チャリティー販売しました。また併設展としてWWFジャパンや環境省にもご協力いただき、環境問題を提起するパネルの紹介や映像の放映を実施しました。

出展作品《力自慢》

連日多くのご来場者でにぎわいを見せるなか、展覧会初日に現衆議院議員で元文部科学大臣の馳浩氏やWWFジャパンの新井千博氏、文化庁長官アドバイザリーメンバーを務める十一代大樋長左衛門氏がご来場。すべての展示作品をじっくりとご鑑賞いただき、展覧会にも高い評価を賜りました。

6日間の総計で4,700人という多数の来場者を記録。作品を多くのご来場者の皆様にご覧いただけたことで、環境に対する意識が変わるきっかけを作った意義深い展覧会となりました。